あじや保育園の理念

 

「子育て中の父親、母親そして子どもたちの笑顔を広げる」

 

保育は人

保育は「人」だと考えています。
保育スタッフの笑顔が、父親、母親そして子どもたちの笑顔をつくります。
保育スタッフの笑顔が、より良い保育のアイディアやチームワークを生み出します。

子どもは先生を見ています。
その先生と呼ばれる保育スタッフが笑顔であれば、子どもにも笑顔がひろがります。
子どもの笑顔があふれていることが父親と母親の安心につながり、笑顔がひろがります。

そこで、保育スタッフが「笑顔」でいられる労働環境、チームとは何か?を考えました。
どうすれば「仕事が楽しい!」「この会社で仕事できることが幸せ!」と思ってもらえるのか。

そこでまず目指したのは、企業理念を一人一人がしっかりと理解すること。
社長が現場に何度も足を運びコミュニケーションをとることで、だんだんとみんなの意識が変わってきて、スタッフ同士で業務改善を提案しあうようになりました
次に目指したのは、残業ゼロ、同一労働同一賃金、すべての有給消化など。
製作や買い物などの仕事を園外でする場合にもきちんと給与を支払う仕組みも作りました。

すると、時間はかかりましたが40%を超えていた離職率がゼロへ。
社員、パート、管理職など関係なく「笑顔のサイクル」をいま全員で実行しています。